<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ダイヤモンドの産地について解説
BROOCHの社員向けダイヤモンドの産地情報をちょっとだけ公開!
これでダイヤモンドの産地はばっちりですね!?
後半結構過激な内容ですが・・悪しからず、本当のことを列記しておきます。
ダイヤモンドの世界地図
ダイヤモンドの産地

ダイヤモンドの全世界的な産出量は上位6カ国で世界シェアの90%を占めます。

    ロシア (22.8 %) 「アルロサ(ALROSA)」 ロシア、サハ共和国の合弁企業 永久凍土で採掘が困難だったが、近年技術革新で採掘技術が飛躍的に伸びたこととコスト減少により採掘量世界一になる。ロシア産は結晶格子が比較的整っていて研磨にかかる時間が短く高品質であるとされている、反面アフリカのダイヤモンドよりも「柔らかい」とダイヤモンド研磨業者のあいだで言われている。

主力鉱山:ミール(Mirny)ウダチナヤ(Udachny)アイハル(Aikhal) アナバ(Anabar)ヌゥバ(Nurba

    ボツワナ (19.9 %) 「DTCDiamond Treading Company)」 全世界にダイヤモンド・シンジケート、いわゆるサイトを持つ鉱山会社2000年に親会社アングロアメリカの100%買い上げの傘下になり、DeBeers(デビアス)から社名変更した、(DeBeersの名前はブランド名として残っている。)ボツワナはデビアスとボツワナの50%対50%出資の合弁企業、デブスワナ・ダイヤモンド・カンパニー株式会社Debswana Diamond Company Ltd)、稼働鉱山の中でジュワネングはダイヤモンド原石の品質が世界No1。採掘されるダイヤモンド原砿石の中で宝石品質の割合が最も高いという意味で世界で最も美しいダイヤモンドを産出する鉱山として有名。

力鉱山:ジュワネング(Jwaneng)オラパ(Orapa)レトラカネ(Letlhakane)ダムツァ(Damtshaa
ボツワナのレポート
http://www.brooch.co.jp/t-column/20130217.html

    コンゴ民主共和国 (18.0 %)  地下資源採掘企業が多数介入している地域、ミレニアムスター200ctD-FL)が産出した等、もともと高品質な原石は多いようだ、その豊富な地下資源をめぐって紛争が絶えず、現在国営を含む内外80もの地下資源採掘企業が乱立している、アンゴラ・シエラレオネ・リベリア・コートジボワール・コンゴ民主共和国・コンゴ共和国などは紛争ダイヤモンドとして問題の大きいエリアとされ国際的なダイヤモンドの取引を敬遠する企業も多い、アンゴラ、リベリア、コンゴ民主共和国は現在DTC監査クリアしてキンバリープロセス加盟国となったが、DTCはこのエリアでは加盟国のダイヤモンド以外は取り扱わないなどの措置を取っている。

    オーストラリア(13.2 %) 「リオティント(RioTinto)」1985年に創業した大規模鉱山アーガイル(Argyle)が有名、創業当初結晶格子の歪みが多いオーストラリア産はなかなか研磨が出来ずに低品質とされていた、実際に95%が工業用、しかし後にインドのサイトホルダーが研磨に成功、特に希少なカラー系ダイヤモンドを産出する。ピンク〜赤系はダイヤモンド全体の90%以上を占め、ブランドなどで使われるブラウンダイヤモンドはオーストラリア・アーガイル産が主タイプ兇離屮薀Ε鵑蓮屮灰縫礇奪ダイヤモンド」と呼ばれる。アーガイルはほかのダイヤモンド鉱山とは異なる原鉱石Lamproite (ランプロアイト)鉱石からダイヤモンドが出る特徴的な鉱床。

主力鉱山:アーガイル(Argyle
アーガイル社の主催するピンクダイヤモンドテンダーレポート
http://www.brooch.co.jp/t-column/t-column2005.html

    南アフリカ共和国 (9.3 %)  「ぺトラ(Petra Diamonds Cullinan Consortium)」Premier(プレミア)鉱山は操業100年以上の歴史を持つ歴史的にも重要な主要ダイヤモンド鉱山、世界で最も有名な鉱山の一つ、※プレミアはDTCからぺトラへ売却され現在はカリナン鉱山へ名称変更している。

「DBCM」 出資比率De Beers74%、Ponahalo26%の合弁企業DBCM、が運営する鉱山会社など様々なダイヤモンド鉱山の点在する正にダイヤモンドの聖地、黄色いダイヤモンドの愛称ケープはこの南アフリカのケープ州からとっている。州都Kimberley(キンバリー)もダイヤモンド鉱石の名前の由来となっている。またキンバリープロセスもこの州都で枠組みつくりの会合が開かれたことが由来している。

主力鉱山:ベネチア(Venetia)カリナン(Cullinan)フィンシュ(Finsch)(Voorspoed)など多数

    カナダ (8.1 %) 「リオティント(RioTinto)」とHarry Winston Diamond Corporation(ハリー・ウィンストン)の共産企業が運営するダイアヴィック鉱山が有名、このほか日本国内にはカナダ政府の運営するダイヤモンド鉱山のブランドルースなども流入している、ロシア産と同様に高品質であるとされている。

主力鉱山:ダイアヴィック(Diavik

 

ダイヤモンド産地

ダイヤモンドはマントル起源の火成岩、キンバーライトに多く含まれる、一部オーストラリアの鉱山などはキンバーライト意外のLamproite (ランプロアイト)鉱石の鉱床だと言われている。火山活動のような火成岩キンバーライトがマントル部分において地表近くまで一気に移動することで、高温・高圧状態で炭素(グラファイト)へ物質変化せずにキンバーライトがそのまま結晶したものがダイヤモンド。
 物質が変化して通常の成長を遂げるとグラファイトになるとされている。このため、ダイヤモンドの産出地はキンバーライトの認められる地域に偏っている。(2億年以上前も陸地だった場所で地殻変動の影響を受けない大陸部分)※アーガイルを除く

ダイヤモンドの母岩キンバーライトは2億年以上地殻変動の影響を受けていない場所にしかないため、地質構造の新しい日本ではダイヤモンドは産出されないというのが定説だった、しかし近年、1マイクロメートル程度の小さなダイヤモンドが発見されて話題となった。むろん宝石としては使えない!

ダイヤモンドの産地による価格差はない、オリジン(産地証明)されている物でも、基本的にラパポート・レポートによってグレード毎の価格がコントロールされているので、3Cグレードまでの段階でグレーディングされたダイヤモンドの価格をもとに市場形成がされている。
 オークションハウスでは古代インドのダイヤモンド鉱山ゴルゴンダのダイヤモンドと認定されれば高値で取引される。ゴルゴンダはブルーホープなどのタイプ兇離瀬ぅ筌皀鵐匹里澆鮖砂个靴燭箸気譟他の産地よりも透明度が高くクリアな色だったとされている、おそらくなんらかの特殊な条件でダイヤモンドが出現したと考えられる。

 一部の宝石店でカナダ産やロシア産を高値で取引することがある、これは産地ブランディングのダイヤモンドであって通常用商品と差別化して価格設定をわざと高くしていると考えられる。
 非DTC(デビアス)系の鉱山会社からダイヤモンドの買受をしている場合でもラパポート・レポート以上の値段でダイヤモンドを買う事はしないはずである。
 ダイヤモンドは原石「ラフ(rough)」の段階でサリーンやオギ等のイスラエル企業が開発した機械で3Cまでが看破可能なので、研磨フィーを乗せる事が出来る特殊な技術が必要な場合を除いて価格に転嫁されることは基本的にない。

ダイヤモンドで最も人気が有って市場性の高いCUTはラウンドブリリアントカットである。ハートシェイプなど歩留まりが物凄く悪い物を除くと変形カットがラウンドブリリアントカットよりも価格が高くなることはない。原石の価格は研磨前のカラットサイズで買っていて数パターンの研磨シュミレーションが済んでいるため。

特別なCUTはラウンドブリリアントカットよりもフィーが上がることが有る。特許技術を必要とするカットや特定のカッターのみが研磨できるカット等である。

PR・新潟市の結婚指輪専門店ブローチ
http://www.brooch.co.jp

PR・新潟市の萬代橋をモチーフにした結婚指輪
http://bridge-j.com/
PR・新潟の結婚式の最旬情報
http://brasapo.com/
PR・贈り物最適!誕生石ベビーリング専門店Fata

http://fata.jp.net/
PR・海外ウエディングで大活躍プリザーブドブーケ
http://fiore.jp.net/

| comments(0) | trackbacks(0) | 宝石買い付け日記 |
Debswanaへ行ってきました!

新潟から24時間・・・地球の裏側まで来ました!
写真の場所は南アフリカのヨハネスブルグ、世界一治安が悪い街として有名です。

南アフリカでサッカーのワールドカップが開催されたのは記憶に新しいですね、
その際にも治安の問題が取りだたされていました。


今回の目的地はダイヤモンド鉱山「Jewaneng」(ジュワネング)だ
この鉱山は世界最高品質のダイヤモンド原石を産出することで有名

カナダやロシアなど最近話題のダイヤモンド産地のどれよりも高評価の原石を
産出している鉱山だ、(※DTC調べ)
Jewaneng Mine(ジュワネング鉱山)はボツワナの首都ハボローネから車で1時間半
距離にして160キロ西に行ったところにあります。

サバンナ気候の広大な荒野をひたすらまっすぐ走っていきます。それなりに舗装されてますが
当然日本のような整備が行き届いた状態とは程遠いので鉱山までの道にりは、
今にも壊れそうな車と、どこかで道路の舗装が不完全な部分があるのではないか?・・・と
ある意味ものすごいスリリングな旅となりました(笑)

ボツワナは豊富な地下資源としてのダイヤモンドを国営で取り組んでいるので
国家の歳入の約50%がダイヤモンドのビジネスによるものなんです。

今回の旅ではダイヤモンド鉱山の他に、DTC本社も訪ねて
原石の選別方法やマーケットへの流通の仕組みなどを見てきました。

ダイヤモンドの原石、一見ただの石ころにしか見えないこれも立派な
ダイヤモンド原石なのです!
 
ダイヤモンド原石は原石のままで研磨せずにクラリティーグレードやカラーグレードを
看破することができます。それぞれ同じようなサイズと色に選別されたダイヤモンド原石

詳しくは
BROOCHの公式HP内の専務Tのコラムまで!
http://www.brooch.co.jp/t-column/20130217.html
| comments(0) | trackbacks(0) | 宝石買い付け日記 |
宝石の処理について
現在天然宝石は表記法が大きく2つに分類されています、
一つが天然無処理
一つが主に色調の改変を目的とした処理の施された
天然宝石のトリートメントです
数年前までは天然無処理、エンハンスメント、トリートメントの3種類が存在していました。が2004年以降は鑑定鑑別書の表記の内容を実際に宝石をお使いになるお客様にとって分かりやすいように表現方法を変更しています

天然宝石は原石を掘り上げてから様々な加工をして製品化されていく、代表的な加工は、研磨・カットです。ほとんどの宝石は彫り上げられてから研磨して形を整えるカットを施すことになる、宝石のカットは宝石のもともと持つ美しさを引き出す処理なので、天然石の範囲内となります。
この他に宝石の美しさを引き出すための処理が行われるのだが、この処理の程度に対してエンハンスメントとトリートメントと言う表現で区別されていました、現在は天然無処理(Natural・Natural・チュラル・ナチュラル)天然改良(Natural・Enhancement)、ここまでは天然宝石の範囲内です。天然改変(トリートメントTreatment)
人工的に宝石の色調改良を目的に着色処理したり、透明度の向上を目的に不純物を取り除いたりしたもの、の3種類に分類できます。

解り易く美しさの例えとして人間の女性で表現すると・・・
すっぴん状態:天然無処理(Natural・Natural・チュラル・ナチュラル)
お化粧している状態:天然改良(Natural・Enhancement)
ここまでは天然の範囲内です。
整形手術を受けている状態:天然改変(トリートメントTreatment)
となります。ちなみに毛染めは色調の改変をしていますのでトリートメント扱いです!
ただし実際は天然無処理(Natural・Natural・チュラル・ナチュラル)はダイヤモンド、クリソベリル・ガーネットやペリドットなどもともと処理の必要がない宝石を除くと、非常に稀で通常エンハンスメント処理の必要な宝石でNatural・Natural・チュラル・ナチュラルに出会う事は本当に幸運なことなんです!(※その状態で宝石として十分美しいモノのみです。)
通常処理を必要とする宝石の鑑別書(AGL宝石鑑別団体協議会発行の)には

「宝石名〇〇には一般的にエンハンスメントが行われています。」という意味の分かりにくい一文が記載されます

また、トリートメント宝石の場合は「宝石名天然〇〇(処理石)」や「トリーテッド(TR)」などの記載が入りますので、処理石なのか?天然宝石なのか?は解り易くなり簡単に判断できるようになりました、しかし、天然の範囲内であるエンハンスメントに関してはいまだに解り難い状態が続いています。

宝石はお持ちになる方にとってさまざまな記憶や思い出の品物となる大切なものなので、お持ちになる際にそれがどんなものなのか?は知っておいた方がいいと思います。たとえトリートメント宝石であってもお使いいただく方にとっての「宝物」価値はプライスレスだからです。

JJA日本ジュエリー協会とAGL宝石鑑別団体協議会ではエンハンスメント「軽い処理はしてありますが天然石の範囲内です」とトリートメント「処理石」は各宝石ごとに項目が決められていて、この処理方法は、ある宝石ではエンハンスメント処理だが、ある宝石ではトリートメントになるなど、複雑で難しい、今日は一つずつ代表的な例で説明していこうと思います

ちなみに通常処理の必要のない宝石ダイヤモンドについては処理石は全てトリートメントになります、その他の色石の場合様々な処理がエンハンスメント(天然石の範囲内)とトリートメント(処理石の範囲)に分類されています、順番に紹介していきます。

代表的なのが・・・

放射線処理
宝石類に放射線を照射して結晶構造にゆがみを与える処理です。鑑別書のコメント欄には「色の変化を目的とした人為的な照射処理が行われております。」などの記載がされます。ブルーダイヤモンドなどに対して行うことが多く、通常そうしたブルーダイヤモンドは「ブルーダイヤモンド(TR)」とか「トリーテッ・ドブルーダイヤモンド」などど呼ばれています。通常有名なところではブルートパーズは照射処理されています。両者とも被ばくの危険はない安定した状態になってから出荷されてますので、使用に際しては安心してお使いいただけます。

最近話題になったのが

高温高圧プロセス(HPHTプロセスなんて表記になる場合も)
ダイヤモンドを高温高圧の状態にして、結晶格子の歪みを調節して色の改変を図るものです。この高温高圧プロセスからはダイヤモンド本来の褐色を、歪みを強制することで取り除く効果があると言われています。タイプ兇離屮薀Ε鵐瀬ぅ筌皀鵐匹魯ラーレスグレードへ、また調査報告では強制するその途中でピンクが発色する事もわかっていて、ピンクダイヤモンドも出現させれるそうです。同じタイプ兇らはブルー系のダイヤモンドも作り出すことができます。

タイプ気両豺腓話眩任龍制も同時に起こる為、黄色系やグリーン系のダイヤモンドが出現しました、「アップルグリーン」の商標でブランドとして取り扱われていたダイヤモンドもあるほど、鮮烈な美しい発色のダイヤモンドが出現していました。ただし!これ等は処理石ですので、ベースは天然ですが宝石としての価値はありませんのでご注意ください!色の改変を目的としたHPHT(高温高圧)プロセスが施されています。の記載が鑑定書・鑑別書に入ります。

加熱処理
代表格はルビー&サファイヤの「コランダム」です。ルビーは黒味を除き鮮やかな赤色に、サファイヤは白い原石を加熱することで青く発色させています。どちらも掘り出した状態ではとても宝石と呼べる品質ではないモノが、加熱されることで鮮やかな宝石品質に生まれ変わります。この加熱処理はエンハンスメントの範囲内です。因みにサファイヤ類の加熱温度は2100度!コランダムの融点が2250度なのでぎりぎりまで言ってる事に成ります。言い分としては本来マグマによって加熱されるべきものを人為的にしているので天然の範囲内と言う事、

(以前、タイの加熱業者を訪問した際に、加熱の現場に連れて行ってもらったんですが、加熱処理している小屋の20メートル程度までしか熱くて近寄れなかった思い出があります。)

かなりの高温で加熱していきます。コランダムの発色原因は鉄分とチタンの電気交換によるものなので、石内部のチタン成分を加熱融解することで、電気交換を活発にして、色を発色させます。この加熱処理は様々な温度があり宝石によってその温度が変化します、ルビー・サファイヤ・アクアマリーン・トルマリン・タンザナイト・etc
ルビーやサファイヤで加熱処理の必要がない掘られた状態で、すでにきれいな宝石品質を示すものは大変貴重で、「非加熱ルビーや非加熱サファイヤ」「NNルビー」と呼ばれます。

この加熱処理で近年話題だったのが、ベリリウム拡散加熱です。この加熱法は、通常の加熱時にフラックス材の中にベリリウムと鉄を混ぜて、色合いを変化させたいサファイヤと一緒に加熱すると、通常の表面拡散処理とは異なり、着色成分が石の内部深くまで入っていくことから、看破が難しく、さらにそのベリリウムの分量を調整することで、宝石の色調調整ができてしまった!という点にあります、しかもこの処理はデビュー当初、鑑定鑑別機関に看破することが出来なかった為、天然宝石との鑑別結果が出た鑑別書とともに市場を大混乱に巻き込みました。

含浸処理・充填処理
宝石のヒビ部分やわれのある個所、穴、生地不足の部分に対して、無色の樹脂などを含浸する事で、透明度の改善を目的としてる処理方法です。樹脂のほか鉛ガラスなどが含浸される場合もあります。
海底地底湖で結晶するコロンビア産エメラルドなどは、表面にヒビが多く、補強の意味で、通常無色の樹脂を含浸しています、エメラルドの場合、無色樹脂含浸はエンハンスメントの範囲内ですが、これに緑色の補強を目的とした「色つき」の樹脂を含浸した場合はトリートメントとなります。超音波洗浄機にエメラルドをかけた際に、この色あり樹脂が溶けだして、エメラルドの色合いが変化するというクレームが、1980年代には頻発しました。実際には低品質のエメラルドに着色樹脂を含浸して、高品質のように見せた粗悪品だったと言う事ですね。
コロンビア産エメラルドで、宝石の外側に傷のないモノは樹脂含浸の必要がなく「無含浸エメラルド」と呼ばれて大変貴重です。ルビーやエメラルド・ダイヤモンドに含浸した場合はトリートメント扱いになります。

レーザードリル処理
ダイヤモンドの外側から内包物を極小レーザーで穴を穿って取り除く処理です。透明度の改良が目的の処理です。ちなみにこの技術を利用してレーザードリルホールでダイヤモンドをセットした商品はキラキラして本当にきれいです。しかし!これも処理の範囲ですので、宝石としてお求めになるのは危険です。

まだまだ様々な処理があるのでご自身でお確かめください。
| comments(0) | trackbacks(0) | 宝石買い付け日記 |
IJK
100512_230140.jpg
今年も神戸ジュエリーフェア(IJK)に行ってきました。
日本国内のジュエリーフェアは
大きく東京 甲府 神戸と有りますが
同じ商社が出展していても商品の傾向は
その土地その土地の特徴がでていて面白いですね

今回も、成果は大きく意義の有る出張でした。
計らずもホテルも前回と同じモントレ神戸
そして又その雰囲気に心惹かれ
写真に撮る事になりました。素敵!

BROOCH(ブローチ)では
結納のお返しに腕時計ブランド
タグホイヤーの取り扱いを
開始しました!

新潟 結婚指輪 婚約指輪 ブローチ
| comments(0) | trackbacks(0) | 宝石買い付け日記 |
助さん角さん
100514_103410.jpg
神戸 大阪の奧座敷 有馬温泉の宿場街。
向の窓と物のやり取りができそうな狭い道路を挟んで
曲がりくねった急な坂道に位置する

温泉街 写真の二階の出窓?
じゃない格子の窓枠に浴衣姿のお銀さんが
斜め座りして遅れて宿場にやってくる
助さん角さんの姿を待ち受けている
心配顔が見えた、かな?

BROOCHでは結納返しに
腕時計タグホイヤーの取り扱いを開始しました!
新潟 結婚指輪 BROOCH ブローチ

| comments(0) | trackbacks(0) | 宝石買い付け日記 |
情熱のDIAMONDE
20091027154043.jpg
Diamondが、それを研摩する鋼鉄板の上で
摩擦熱によって真っ赤に発光している写真です。

この時の間違って触ったら (大火傷)です。

この事でも分かるように一搬的な家屋での火事では、
よほど長時間、高温で放置しなければDiamondが燃えて
宝石としての価値が無くなる事は考え難く

炭素分子Cが32個しっかり手を組んで
酸素の侵入を防ぐ為
滅多な事では酸化(燃える)しにくい
と考えられます。

但し、過熱した石に冷水をかける、
温度差のショックでバラバラに砕けるかも。
と云事からも、

唯一神が磨いた宝石Diamondは地球上で1番硬く
永遠不変とされ正に永久の愛を誓う
夫となる男性から妻となる女性に贈る証に
相応しい宝石で有る事を実感しました。
20091027154638.jpg
☆常務の一口メモ☆
実際に研磨した際にできた研磨面です
研磨盤の上にダイヤモンドを当てた際の
独特の『ぬめっ』とした感じは不思議でした
こんな風に一面一面丁寧に研磨していくのは
かなり気の遠くなる作業です
BROOCHにて取り扱う婚約指輪用のDiamondの一部は
この研磨工場で最終仕上げを施されて
日本にやってきます。
世界最高峰のダイヤモンドの研磨地ベルギーアントワープの
トリプルエクセレント・ダイヤモンドを
BROOCHへぜひ見に来て下さい。

追記:ダイヤモンドは約1300度で焦げ目がつくはずです
耐火金庫に保管していない場合火事で焼けると
表面が焦げて宝石としては最研磨が必要です。
| comments(0) | trackbacks(0) | 宝石買い付け日記 |
サイホンコーヒー
20091028182622.jpg
アントワープで見つけた
銅の色が美しい、ノスタルジックな
サイホン式コーヒーメーカーです
ガラスの器に粉に挽いたコーヒーの豆が入っています。

アルコールランプで中のお湯が沸くと
銅製の筒からひとりでに下がってきてお湯が注がれます

お湯が出て器が軽くなると自動でアルコールランプに
起き上がり小法師のような仕組みで
蓋が落ちて火が消えます・・・・!

BROOCHの社長は無類のコーヒー好きですから
お土産に買って帰ろうと
「1セット分けて下さい」とお願いすると
「もう、作っている工場が閉鎖したから出来ない」と
断られてしまいました

でも、考えてみると
(この喫茶店は、この銅製のサイホンが売りなのに
5、6セット有るこのサイホンが壊れたり
無くなったらその後の営業はどおするつもりかな〜)
と勝手に他人の心配をしていました。

本当は心配したのではなく 分けて貰えない
残念さが(他人の不幸は蜜の味)で
先様の不利を想像したのかも・・・?

私って 嫌な奴
| comments(0) | trackbacks(0) | 宝石買い付け日記 |
10CT DColor Fフローレス
20091027113107.jpg
ベルギーのアントワープ・
ダイアモンド取引所に幾つか有る
ビルの最上階に有る
インド人のサイトホルダーの事務所で
私達か尋ねた時
「いいだろー」と云わぬばかりに
見せてくれたダイアモンド達です。

全部10CT UP D-Color フローレスの
ラウンド
エクセレントカットや
珍しいブリオレットカットです。

こんなに高品質のダイアモンドを
一度にこんなに沢山見たのは
長い間インドやアントワープ に
通い続けて初めてでした。

感激!
そしてショック!
| comments(0) | trackbacks(0) | 宝石買い付け日記 |
アントワープ中央駅
20091029111040.jpg
確かな情報ではないけど
建ててから450年程経った建物で
古き善き時代に建てられた物らしく
威風堂々としたたたずまいです。

以前この駅を壊して
ICFの乗り入れに対応するため

新しく地下ホームと
新しい駅を作る計画が進行している
と聞いていたけど

やはり歴史的な建造物なので
ホームは地下に掘ったけど
駅本体は残したのだと

Europeの文化と歴史的遺産を大切にする
姿勢に 納・得!
| comments(0) | trackbacks(0) | 宝石買い付け日記 |
ハロゥインの美少女
20091028144439.jpg
パトラッシュで有名な アントワープの教会広場で
10人くらいの可愛い女子高生がハロゥンのメイクをして
盛り上がっていました。

「私達だけで勝手にお祝いしてるの!」と
余り愉しそうだったので
 「一緒に写真撮ろう!」と誘うと
私に(箒)を持たせ
(先の尖った魔法使いの帽子)を被せたり

Euro圏はハロゥインでこんなに盛り上がるのかと
認識したり驚いたり
それにしても可愛い女子高生ばっかり!
20091028144324.jpg
| comments(0) | trackbacks(0) | 宝石買い付け日記 |
| 1/2PAGES | >>