<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< プロポーズマガジンWeb=NIIGATA=始まる! | main | フィリップ・ベルト、ダイヤモンドのエクセレントカットにおいて世界的な功績を残す男 >>
JJFで注目を集めたアントワープブリリアントがBROOCHにもうすぐ登場!
 
ベルギー大使館のナーゲルス商務官が来てくださいました。 
ジョージ・ナーゲルス商務官は偶然!? ブース前を通りかかってくれました! 
アントワープの大聖堂のレリーフ前で記念撮影もさせてもらいましたよ!

アントワープブリリアントのダイヤモンドの特徴としては
 国内初の取り組みとなるデビアス鑑定を搭載していること!

 デビアスと言えば言わずと知れたダイヤモンドのエキスパートで 
90年代には全世界のダイヤモンドの取扱の90%以上を占めていた鉱山企業です。 

宝石の鑑定鑑別は本来 
第三者機関で行うケースが多く 
販売元や鉱山が行うケースは稀でした 
理由としてダイヤモンドの検査機器の問題や 
鑑定という行為が研究機関を伴うような 
難しい行為だったと言う事も起因しているようです 

しかし昨今の検定鑑別技術の飛躍的な進歩と 
レーザースキャンや光学検査の技術向上などで 
逆に人間に判断できないような細かな点まで 
機械で鑑定するようになったと言う事が大きいのです 

特にダイヤモンドのタイプ兇亡悗靴討聾什 
人間では看破不可能な領域となっていて 
鑑定鑑別機関の信頼度や各付けみたいなものとは関係なく 
それを看破できる機械を持っているかどうか? 
が大切な 鉱山会社がこの事業に乗り出してきたことで 

今後市場に出回る中古のダイヤモンドと鉱山で堀り上げられた 
新品のダイヤモンドとの区別が付きやすくなり 

車の市場のような中古と新品の区別がつてくことになる予感です 

※現在BROOCHで取り扱っているダイヤモンドは倫理に基付いて 
| comments(0) | trackbacks(0) | ニュース |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック