<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スタッフあゆみのおすすめのCHRISTIAN BAUER
野球と競馬が趣味のスタッフあゆみが
オススメの結婚指輪についてブログを書きましたので
ご紹介します。
歴史好きのあゆみ姉さんの想いが
じっくりとこめられたブログです。



ジャ〜〜〜ン!!!!!
↓↓↓
CHRISTIAN BAUER(クリスチャンバウアー)

BROOCHで取り扱っている結婚指輪の中で、1番重厚感があると言っても過言ではないsign01
CHRISTIAN BAUERについてですhappy02




CHRISTIAN BAUER!?
「クリスチャンバウアー」と読みますflair

日本語の感覚で普通に読もうとしてもなかなか読めないsweat01

それもそのはず、日本から遠く約9500km離れたヨーロッパairplane
モノ作りの国ドイツのブランドなのですshine

恥ずかしながらBROOCHに入社当時、私はCHRISTIAN BAUER…
…読めませんでしたcoldsweats01

そんなドイツジュエリー初心者だった私ですが、
知れば知るほどCHRISTIAN BAUERの素晴らしさに気付き、現在に至りますwink

ちなみにクリスチャンバウアーとは創業者の名前ですflair

そんなCHRISTIAN BAUERを調べた中で、まずはsign01

[鮖砲スゴイflair

ドイツブランド CHRISTIAN BAUERの創業は1880年。

今から130年以上前!歴史あるブランドなのです!!

ちなみに1880年の日本は明治時代。

文明開化で日本にも洋服やシルクハット、靴、背広などの
西洋のファッションが入ってきた頃でした。

そんな1880年、創業当時のバウアー社はブライダルリングではなく、
シルバージュエリーを主に作っていました。

ではなぜシルバージュエリーの制作を主にしていたバウアー社が
ブライダルリングを作るようになったかというと……

1914年〜1918年にかけて起こった人類史上最初の世界大戦、
第一次世界大戦がきっかけでした。

第一次世界大戦当時のドイツはジュエリーの制作を禁止していました。

大量の武器や戦車、戦闘機、潜水艦を作るための資材が不足していたため、
金属のほとんどは世界大戦用に集められていました。

バウアー社も当時は軍需工場として武器の生産を国に強要されていた時代でした。

しかしそんな時代背景の中でCHRISTIAN BAUERの職人達は
工場で出た鉄くずを集めて国に秘密でリングを作っていました。

職人達が国に内緒で作っていたリング、、、

それは遠い戦地へ行ってしまう夫と、
その夫を見送り、無事を祈り続ける妻へ捧げたリングでした。

当時、遠く離れてしまう二人を結ぶものが何も無かったため、
二人を繋ぎ、夫婦の絆を感じれる唯一の物として、
職人達は必死に鉄くずを集めて指輪を作り続けました。

それがバウアー社のウェディングリング作りの始まりでした。

CHRISTIAN BAUERは130年以上前から夫婦となる二人のために
結婚指輪を作り続けているのですsign03

スゴイですね〜shine

私は戦争とは無縁なこの日本で平和な時代を生きていますが、
もしも130年前の世界大戦中に生きていて
夫が世界大戦に行ってしまうとしたらsweat01

想像が出来ないくらい不安でいっぱいになってしまうと思いますbearing

ただそんな中でペアのリングをずっと身に着けていることが出来たのならばsign01
辛い中でもなんとか頑張れるのかなsign02って思いますthink

例えば夫婦や恋人同士でも仕事で忙しい時や大変な時、
なかなか会えない時なんかに二人ペアの指輪を着けていたり、
その着けている指輪を見たりすると心が落ち着いたり、
頑張れたりする事ってありますよねconfident

どんなに時代が移り変わっても、昔も今も変わらない!

着ける人それぞれに想いがあって、
それをずっと受け継いで作り続けている
CHRISTIAN BAUERの職人達は本当に素晴らしいのですheart04

CHRISTIAN BAUERは『生涯を共にできる』リングを130年以上に渡り
作り続けているブランドですshine

実際に着けるともっと良さがわかりますnote

個人的に歴史好きなため、
ついつい歴史だけで長くになってしまったので
次回は重厚感があるのに着け心地が良い!
その作りの秘密やまだまだ書ききれていない
CHRISTIAN BAUERについて
書こうと思いますhappy01



 
| comments(0) | trackbacks(0) | - |
スタッフ小林のおすすめのCHRISTIAN BAUER
スタッフ小林が愛着ある結婚指輪について書いたブログを紹介します。


私たちが選んだ結婚指輪、
CHRISTIAN BAUER について
書いてみようと思う。

私は、BROOCHというジュエリーの
セレクトショップで
ブライダルリングの販売をしているが
ここでは、色々なブランドの取り扱いをしている。

私が結婚指輪を選んだときのポイントは
ズバリ、『かっこよさ』

個性的であり、
人の目を引き付けるほどの存在感。
指に通してみて発揮する、
そこに込められたこだわりの数々。

私たちのリングは
プラチナ950と18Kピンクゴールドの
2色使いのコンビリング指輪

ピンクゴールドの暖かい色味は
肌にふんわりなじみやすく
プラチナの引き締まる白は
そこに存在感とかっこよさを
プラスしてくれる。

CHRISTIAN BAUER は
ドイツの地で経験豊かなゴールドマイスターが
製作する機能的で美しいリング・・・。

8年たった今でも
私の特別なリング音譜

実は、このほかにも
夫とペアでマリッジリングを
2組持っているのだが
やっぱり入籍した年に2人で
最初に選んだこのリングには
特別な愛着があったりする。

私たち夫婦を
最初から、そしてこれからも
見守ってくれる確かな絆・・・かな?



 
| comments(0) | trackbacks(0) | - |
スタッフ五十嵐のおすすめのCHRISTIAN BAUER
スタッフ五十嵐がCHRISTIAN BAUERについて勉強したことをブログにまとめています。
ぜひ皆様にもご紹介させてください。

 

クリスチャンバウアーは、1880年創業のドイツのブランド。

ドイツといえば、車や楽器、ビールのイメージがありますが

物づくりの国!

ドイツではマイスターといって、職人の最高職位の国家資格を定めています。

マイスターになるには、職業学校に通いながら「見習い」として工房で実践技術を学び

その後、国家試験に合格すると「職人」となります。

職人になると一人前として認められ、給料や仕事も充実します。

ようやくマイスター試験の受験資格を得て、いくつもの科目、実技、面接などを経て、

晴れて全て合格した者だけが「マイスター」と名乗ることができるのです。

受験資格を得るだけでも数年かかる大変さ。

クリスチャンバウアーでは4名のマイスターが在籍しています。

また、ドイツでは、学校制度も将来の職業に向けたコースに早くから道が分かれます。

早ければ小学校卒業時にすでに将来の職業への進路を定めなければならないそうです。

日本では考えられないし、自分だったらと思うと決断できない気がします。

子供の頃から常に意識しているからか、ドイツでは自分の職業に誇りを持っていて、職人達もプロ意識が高く

「神様から与えられた使命」と妥協することなく全うしているのです。

そんな熱い想いと誇りを持った職人さんが、お二人のために1点1点作っているウェディングリングは

一生着けていただくのにふさわしい耐久性と最高の着け心地です!

是非BROOCHでその着け心地を実感して下さい!!

| comments(0) | trackbacks(0) | - |
スタッフ山本のおすすめのCHRISTIAN BAUER
スタッフ山本が自身の結婚指輪に選んだのは
CHRISTIAN BAUERのリング。
それほどまでに惚れ込んだリングについて
山本のブログからご紹介します。



結婚して9年がすぎ…

あっという間というか…まだ9年か、というか。

あれから子供達も成長し、いろんな事が変化していく…

私の身体も…成長しているようだ⁉

しかし‼変わらないものが!それは、我が家の主人から頂いた『結婚指輪』

見よ‼この『真円』の美しさ🎶 置いていても、かっこいい🎶




つい、見惚れてしまう。

結構、ガサツな山本県民。今までも何度か…指輪を変形させたり‼これは、自分の使い方に問題ありなのだが…。

この結婚指輪は!9年前と変わらず!真円がきれいだ!その当時の事を思い出させてくれる🎶

鍛造製法でつくりあげられたこの指輪✨強度もしっかりしていて、着けごこちも本当になめらか。

これぞ!『 CHRISTIAN BAUER』


…買ってから気付いたんだけど!主人の指輪の内側&側面に!何と!密かに!
ダイヤモンドが一石ずつついていた!これにはビックリだったな〜。


 
| comments(0) | trackbacks(0) | - |
スタッフ加藤おすすめのCHRISTIAN BAUER
BROOCHスタッフ加藤おすすめのCHRISTIAN BAUERのリングについて。
加藤のブログよりご紹介します。


CHRISTIAN BAUER(クリスチャンバウアー)
というブランドはご存知ですか!?

知らない…
聞いたことある
Diorでもルブタンでもなくて!?

などなど、
様々な方がいらっしゃると思いますが…
実は
クリスチャンバウアーとは!
世界中で認められている
ブライダルブランドなのです!






結婚指輪を探した経験のある方は
雑誌やお店で一度は目にした事があるかもしれません。

1880年創業
今年で134年目の歴史を誇るブランドです!

私は、バウアーの歴史が好きです♪
1世紀半近くも続くブランドだからこそ!!
の歴史がバウアーにはあります

学生時代に「歴史」の授業で学んだ
”第一次世界大戦”
戦争を経験した事のない
私たちにその凄さは伝わりきれていない
とは思いますが、
話を聞いただけ、写真を見るだけ
でもすさまじい時代を感じることができます。

バウアーは
何と、その第一次世界大戦中にも
ウエディングリングを作り続けていました!

戦争に必要のない物など
作る事すら許されなかった時代であり、
見つかったら背徳行為として
処刑されてしまうかもしれない危険がありながらも
作り続けたリング…

それは
戦火に離された二人をつなぐ、
愛と絆の証でした

リングを見るたびに
離れて戦っている相手を思い、
自分が生きていくための希望
愛する人の為にも生きなきゃいけない!
と思わせてくれる
目に見える証…

戦時中はシルバーや金など
手に入るはずもなく、
唯一、手に入れることができた
「鉄」
のリングだったそうです!

鉄でできたウエディングリング
その証で
二人がつながっている!

自分が身の危険にさらされても
二人の為に作り続けた
創業者 クリスチャンバウアー

そんな歴史があるからこそ
語り継がれ、
現代でも世界に認められているのだと感じます!!

やっぱり、
一生自分の指に着け続けるリングだからこそ、
どんな歴史や、
創設者のどんな思いが詰まっているのか
を知って選ぶって、ステキだと思います!!

世界中で認められているリング
を二人の愛の証、絆として
選ぶのもおすすめです♪


久々に真剣に書きましたが…笑
次回はクリスチャンバウアーの秘密
第二弾を書きます!!

お楽しみに〜♪




 
| comments(0) | trackbacks(0) | - |
サワ常務おすすめのCHRISTIAN BAUER
サワ常務のブログより
オススメのCHRISTIAN BAUERについてご紹介します。

新潟県では唯一BROOCHのみの取扱いブランド
CHRISTIAN BAUAR(クリスチャンバウアー)

ドイツメイド、マイスターと言われるドイツ屈指の匠製作のドイツ発ブランドです。
大きな特徴としてリングの製作方法があります。
通常、国内のリングは鋳造と言って
型に溶かした金属を流し込んで形成する製作方法が使われるのですが、
このCHRISTIAN BAUARは
鍛造と言って、金属板に圧をかけてリングの形状に打ち抜いて製作する方法を取り入れています。

それにより、しなやかな着け心地と確かな耐久性を兼ね備えた一生ものにふさわしい指輪が仕上がるのです。

今回はそんな魅力あふれるCHRISTIAN BAUERの最大のポイント
普遍のデザインについて

CHRISTIAN BAUERのリングは
決して流行を追い求めている指輪ではありません。


一般的な宝飾品のように、
地金や宝石の種類などを「足し算」しながら作成するのではなく、
無駄をそぎ落としていく「引き算」の考えから創造されたシンプルな
リングです。最後まで残ったエッセンスだけを固めたものだからこそ、
時を重ねるごとに風合いが増していく-それが、世界中で愛されて
いるクリスチャンバウアーのゆえんなのです。


WEB クリスチャンバウアーが結婚指輪に最適な理由より

かっこいいじゃないですか!!


IMG_20141008_163757.jpg

約束の薬指に映る確かな存在感!

最近思うのですが、
細身で繊細なデザインもかわいいのですが、
普遍の存在感はやはりかっこいいなと。
自分が父母の歳になっても着け続けられる
ボリュームと重厚感からくる高級。

歳を重ねても似合うリング、
これって実は難しいと思うんです。
お互いにいいお年になったら
似合うものではなく、重ねてきたから
その先も着ける決意のもの。

新婚当時は重厚なデザインを存在感をもってカッコよく!
しわしわの働いた手まで時を重ねたら
無駄のないすっきりとしたラインどりが
むしろなじんで、人生のパートナーみたいに見えるんじゃないかなぁ・・・
と思います。


これは実際に着けて見なくちゃわからない!
着けてみてください。
で、想像の中で年を重ねてみてください。

もしかしたら本当に似合うもの
何年先も薬指の約束に似合うものは
CHRISTIAN BAUER
引き算の考え方からデザインされた
重厚でシンプルなものかもしれません。


 
| comments(0) | trackbacks(0) | - |
スタッフゆーちゃんオススメのCHRISTIAN BAUER
BROOCHスタッフゆーちゃんオススメのブライダルブランド
クリスチャンバウアー。
ゆーちゃんのブログからリングについてご紹介します!



是非一度つけてみていただきたい、
結婚指輪のブランドを紹介しますemoji

その名も
CHRISTIAN BAUER」ですemojiemojiemoji

クリスチャンバウワーはドイツのブランドです!

見た目もドイツっぽいですよね!!






この洗練されたカッコいいリングには、
職人の強い強い想いが込められています。

クリスチャンバウワーは1880年創業です。
世界1次大戦中も密かに結婚指輪を作り続けていました。
「戦火で離された二人を繋ぐ唯一の絆。」
と思いを込めて、鉄でリングを作ったのです。

今でもその想いとこだわりをこめて
リング1点1点を職人が作っています。
そんな想いのこもったリングを一生涯二人でつけ続けるのって
ステキですよねemoji

しかも!
想いだけじゃなく、着け心地や品質もトップレベルなんですemoji

リングは鍛造製法!!
指に吸い付くようなつけ着け心地です!

鍛造製法については次回に!




ということで、鍛造についての詳しい説明は次回に持ち越しです。
続きを楽しみにお待ちください!


 
| comments(0) | trackbacks(0) | - |
ANTWERP BRILLIAN 2014-15限定「Grand-Place」


記念日ジュエリーブランドANTWERP BRILLIANTから
2014-15限定Gland-Placeが登場!
ダイヤモンド研磨発祥の地ベルギー・ブリュッセルで多くの著名人を賛嘆させた広場「グラン・プラス」がモチーフ。
その美しい広場は1998年にユネスコの世界遺産に登録されています。


 Pt950 Dia0.2ct 216,000yen〜


 Pt950 Dia0.2ct 178,200yen〜

ネックレスとリング。どちらもステキですよね。
自分へのごほうびに。大切な方への贈り物に。
ぜひご検討ください!

 
| comments(0) | trackbacks(0) | - |
杢目金屋ブライダルフェア開催中!
杢目金2014フェア

和の伝統技法で大人気の杢目金屋のリング。
ただいま宝石アレンジメントが無料の素敵なキャンペーンを開催中!!
この機会に、是非リングのご試着、ご相談お待ちしております。
世界に一組だけのオーダーメイドでリングがお作りできますよ(^^)

ブライダルフェア期間:10月1日〜10月31日
エンゲージ成約特典:脇石追加無料
 (リング1本に付き1個、ピンクダイヤを除く)
マリッジペア成約特典:メレプレゼント
 (リング1本に付き1個、ピンクダイヤを除く)
| comments(0) | trackbacks(0) | - |
ブライダルブランドRosettEがBROOCHにデビュー!


新潟発上陸のブライダルブランドRosettEがBROOCHに登場!
ブリティッシュガーデンをイメージしたクラシカルなテイストが特徴的な「ロゼット」。
デビューフェアとして、10月1日〜10月31日までの期間中ご成約の方に、リング内側に誕生石セッティングをプレゼント!
アンティーク調のオシャレでかわいいブライダルリングをぜひ見に来てください!

| comments(0) | trackbacks(0) | - |
<< | 2/31PAGES | >>